導入事例

voice

事例1

R Tracking Analyzerを使って....
購入者数11%アップ!粗利益29%アップ!

美容コスメ関連ショップ K社様
購入者数の多い検索ワードを分析して、思い切ってその商品の売価を2割増にしてみたんです。
購入者数が多いワードという事は、興味を持って検索をされて、うちで扱っている商品がマッチしたって事なので多少商品売価が上がっても購入してくれるだろうと思ったんです。
結果的に2カ月目には購入者数が11%アップ、粗利益が29%アップして、大成功でした。「良い」と感じて頂いている商品は、価格が少し上がっても消費者様は離れていかないみたいですね。それどころか購入者数が増えたのですから。
R Tracking Analyzerで分析されるデータは、そんな「チャレンジ」を試してみる為の良い指標になりますね。
事例2

R Tracking Analyzerを使って....
高利益商品の同梱率14%アップ!

建材用品ショップ M社様
型番商品のフロント商材に利益率の良い商品の同梱率を増やす為、R Tracking Analyzerでお客様の動線を分析したところ、フロント商材のページにリンクされている高利益商品へのジャンプが多い事に気が付きました。でもその商品の転換率はすごく低くかったんです。
価格を下げると利益も低くなるから、どうしようもないのかなと思っていたんですが、データを眺めているとある事に気が付いたんです。それは高利益商品のページでの滞在時間が極端に短かった事!
内容が少なく、商品の魅力が伝わりきらなかったことが売れなかった原因だと思い、さっそく高利益商品の商品紹介を厚くした結果、1カ月目でフロント商材への同梱率が14%アップ!
R Tracking Analyzerのデータは、ボーッと眺めている程気付く事が多いですね。
事例3

R Tracking Analyzerを使って....
最適なワードを選んで、広告費回収230%以上!

アパレル関連ショップ R社様
サーチワード広告がビッグワードなので、広告の費用対効果が悪かったんです。
転換率の良いワードを見つける為にR Tracking Analyzerを使ってワードの分析をしてみたところ、意外なロングテールキーワードが高転換率だという事に気が付きました。
ロングテールキーワードなのでサーチワード広告も安く、しかも効果があるという事でそのワードでの広告費の回収率は230%以上になりました。
私たちのようなビッグワードの業界なんかだと如何に回収率が良く売れるキーワードを見つけるかが要になってきますね。
R Tracking Analyzerのキーワード分析は本当に必要不可欠なツールです。